和歌山県立医科大学麻酔科学教室のウェブサイトです SITEMAP

和歌山県立医科大学 麻酔科学教室

研究<Research>

痛みのメカニズム

麻酔科学は手術時の痛みを克服するために生まれた学問です。私たちは、末梢でどのように痛みが感知されるか、脊髄でどのように痛みが修飾されるか、脳でどのように痛みが認知されるか、を動物・ヒトで研究しています。 最近では、がんの痛みの研究を進め、これまでブラックボックスであったがんの痛みのメカニズムを明らかにするとともに、新たな治療法を探索しています。

画像:がん細胞

がんの痛みに関する研究成果

  • Niiyama Y, Kawamata T, et al. Neuroscience 148:560-72, 2007.
  • Yamamoto J, Kawamata T, et al. Neuroscience 151:843-53, 2008.
  • Kawamata T, et al. Neuroscience 154:1067-76, 2008.
  • Niiyama Y, Kawamata T, et al. Br J Anaesth 102: 251-8, 2009.
  • Kawamata T, et al. Neuroreport 20: 233-7, 2009.
  • Furuse S, Kawamata T, et al. Anesthesiology 111:173-86, 2009.
  • Yanagisawa Y, Furue H, Kawamata T, et al. Mol Pain 6:38, 2010.
  • Kiya T, Kawamata T, et al. Neuroscience 174:190-9, 2011.
  • Suzuki M, Narita M, Hasegawa M, Furuta S, Kawamata T, et al. Anesthesiology 117 : 847-56, 2012.

周術期の臨床研究

手術室麻酔、外来など、臨床業務とともに、患者さんを対象とした臨床研究を行っています。その中からいくつかご紹介いたします。

新しい非観血的血圧計の臨床評価(吉田学内助教)

従来用いられてきた自動血圧測定法は、減圧測定法という方法です。最近、加圧時に血圧を測定する、「加圧測定法」を行うことができる機器が開発されました。非常に短時間で血圧測定ができるため、使い勝手がいいことが分かっています。しかし、低血圧の患者さんに対して測定する際、血圧値の正確性は明らかになっていません。そこで、同意を得られた患者さんを対象に、手術中、従来の血圧測定法と、「加圧測定法」で、どちらの方法の方が正確か、調査しています。

傍脊椎ブロック時のレボブピバカインの血中濃度に対するエピネフリン添加の影響(山崎助教)

傍脊椎ブロックは、乳腺手術や呼吸器外科手術時の術中鎮痛および術後鎮痛の1つとして多用されています。特に、呼吸器外科手術の術中・術後鎮痛法として傍脊椎ブロックは、硬膜外ブロックと同等の効果を有することが報告されています。

現在、傍脊椎ブロックでは、局所麻酔薬としてロピバカインとレボブピバカインを用いることが多いです。いずれも長時間作用型の局所麻酔薬であること、また、比較的大量に投与されるため、局所麻酔薬中毒に注意が必要とされています。局所麻酔薬中毒の予防法の1つがエピネフリンの添加とされています。ロピバカインではエピネフリンを添加することで、血液中への局所麻酔薬の移行速度・血液中の最高濃度を減少させることが知られています。しかしながら、レボプピバカインに対してもエピネフリンが同様な効果を有するかは明らかになっていません。

そこで今回、呼吸器外科手術時にレボブピバカインを用いて傍脊椎ブロックを施行し、レボブピバカインの薬物動態に対するエピネフリン添加の効果を検討することを目的としています。

対象:肺悪性腫瘍手術患者 20症例